スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

日記♪日記♪

↓さあ1クリック






今日はなかなかの収穫がありましたとさ
父さんがお洋服をいっぱい買ってくれましたよ
嬉しかった&楽しかった

ちなみに買ってもらった服のジャンルはロック
タイトな服とか、そういうのに惹かれます
ベルトがいっぱいとか

でもチェーンじゃらじゃらのksみたいなチャラ男は好みません

だって、だらしないじゃないですか
この最も礼儀を重んじている国であろう日本で
そんな礼儀もクソも無いみたいなやつは嫌です

あ、あと歩きタバコしてるおっさんとかもね
マナーがなってない

とかなんとか言い出したらキリが無いので
小説でも書いてスッキリしようと思います

〜3章〜「旅立ち」


どこまでも、続く穏やかな野原。
モンスターの姿などどこにも見られない。
今、この世界ではリンクしか知り得ないが、
あの荒れ果てたモンスターの巣窟と化していた地とはあまりにもかけ離れている。
自分がそんな未来を変えたのかと思うと、すこし自慢である。
しかしそんな話を誰かにしたところで、誰にも信じてもらえない。
突然、うっと、前のめりになる。
エポナが急停止したらしい。
どうやら考え事をしているうちに到着したようだ。
辺りはいつの間にかすっかり暗くなっていた。
いつもならエポナを森の中へ入れることなどないが、
今回は連れて行くことにした。
背丈の二倍はあろうかという大きな木のトンネルを抜け、
故郷、コキリへと足を踏み入れる。
寝静まった森。
聞こえるのは水の音と虫の鳴き声のみ。
それ以外の雑音は一切無い。
リンクは静かにゆっくり自分の家へ向かう。
この森の家の中では割かし立派な方だ。
ふうっと溜息をつく。
そんな自慢の我が家ももう見られなくなるかと思うと、悲しい。
しかし、リンクはパッとスイッチを切り替える。

「もう、行かないとな。」

エポナを騒がせないよう抜き足差し足で「迷いの森」の入り口まで向かう。

「待って。」

突然かけられた声にびくっとした。
もしかしてこの声・・・そう思い後ろを振り返る。

「あ・・・!」


スポンサーサイト
.21 2009 日記 comment4 trackback0

comment

100踏んでくれたお方笑
おめでとうございますッっ

洋服かー最近は金欠なんで買ってないなww
2009.09.22 07:54 | URL | ラルカ #- [edit]
服うp
2009.09.22 10:00 | URL | お前の横 #etbfE.eg [edit]
> ラルカ

ふははw
初訪問で踏んでしまいましたww
すんませんww


俺も金欠ですが、買ってくれましたb
2009.09.22 20:26 | URL | 時 #- [edit]
> お前の横

するか阿呆
2009.09.22 20:26 | URL | 時 #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://sorrow1days.blog93.fc2.com/tb.php/47-ee1481d7

今まで何人来たのだろうか

プロフィール

時

Author:時
・リンクフリー
・相互リンク受付中
・管理人=マイケル崇拝者
・是非上のバナーをリンクのお供にしてくだしあ

茶室入室状況

ついったー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

押せばブロともになれるっぽいお

笑っていいとも1/100

笑っていいとも!目指せ1/100的中芸能人速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。