スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

はいはーい!先生!質問です!




「中二病ってなんですか?」



その質問に記事単位でお答えしましょう!

きっと中にはなんとな~く中二病を理解している気になって、本質を
理解していない方も多いのではと思いますので、この俺が説明いたしましょう!

では↓



中二病(ちゅうにびょう)とは、思春期の少年にありがちな、「微妙にずれた自意識過剰やコンプレックス」、それから転じて起こる数々の「日本の教育制度における中学2年生(14歳、ティーンエイジャー)くらいの年代にありがちな言動」を小児病に引っ掛けて揶揄したもの。


思春期の少年が子どもから急激に大人になろうと無理に背伸びをして、「(子供の価値観での[要出典])大人が好みそうな格好のいいもの」に興味を持ち始め、「子供に好かれそうなもの」、「幼少の頃に好きだった幼稚なもの」を否定したりするという気持ちが要因である。こういった感情から「もう子どもじゃない」、「(格好の悪い)大人にはなりたくない」という自己矛盾からくる行動が、実際に大人になってから振り返ると非常にピントが「ずれ」ており、滑稽に感じることが大きな特徴である。他人の視線を過剰に感じて、なおかつその他人が自分を理解していると思い込むことが多い。よって、その少年期の思い込みが大人になってからの客観的な回顧とに「ずれ」が生まれやすい。
加えて生死や宇宙、人間や身近なものの存在に関して、(的外れ気味に)思い悩んでみたり、(子供基準での)政治や社会の矛盾を批判してみたりするのも特徴的である。さらに実際の自分よりも自らを悪く見せかけようとするものの、結局何も行動を起こさないでそのまま収束するといった性質も「中二病」の「症状」として含まれる。


↓具体的な症状


洋楽を聞き始める。
コーヒーを飲み始める。
売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。
やればできると思っている。
母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。
社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。



snap_sorrow1days_2009100115637.jpg「ああ、いい仕事した」



P1000203.jpg「お前これコピペだろ」



snap_sorrow1days_2009100115637.jpg「ち、違えし・・・」



P1000203.jpg「いや絶対そうだろ」



snap_sorrow1days_2009100115637.jpg「こ、コピペしました・・・」



P1000204.jpg「(何回見ても慣れない顔だ)」



P1000191.jpg「相変わらずうすっぺらい記事だな
とりあえずこれ以上やっても無駄だから終わるぞ、追記にてコメ返だ」



P1000131.jpg「そのまえに、ランキングクリックしてけよ!」


>ふーみん09さん
なかなか面白そうな疑問だったので記事にしてみましたb


>ここあさん
そうさ、俺はただのへんt(ry


>白菜
もうあいつァダメだwwww
スポンサーサイト
.19 2009 日記 comment3 trackback0

comment

ピカチュウ。。。。。w

いやでもHENTAIでもいいと、、、おもうよ?
2009.10.19 20:17 | URL | ここあ #- [edit]
再翻訳してみますた↓



私が掛けたもの、青春期の男の子の間で一般だった「私が繊細にドラッグすることができた過度の自意識と劣等感」、多くの「日本の教育制度で8年生(14才、ティーンエイジャー)の生成において一般的だった性質」、それから私はそれを投げました、そして、子供たちを着ていることは2が病気にかからせて(ちゅうにびょう)、からかった中央による病気です。


青春期の男の子が突然、子供からの大人になるように、私は強制的に手足を伸ばします、そして、「大人が好きなようであるいかしたもの」(子供の価値感のために[要点源])(そして、「子供に好かれるようであるもの」を否定する感覚)に興味を持っていることを始めます、「私が幼年期に好きだった子供じみたもの」は要因です。「大人らしくなり」(私は、不器用であると感じます)たくない自己矛盾から来る行動、それが本当に大人へのそれであったあと、後ろにそのような感情ルックスから「もう子供ではありません」、焦点はそれ(そして、ており)を「引きます」。そして、おかしく感じているものは大きい特徴です非常に。私は余剰のためにもう一人の人の目にさわって、それが追加ともう一人の人で自分を理解することを確信している傾向があります。したがって、少年時代の信念が大人らしくなったあと、「隙間」は客観的な記憶で起こるために簡単です。
生死とスペースについて、そのうえ、人間、そして、差し迫っただけの存在、私は心配します(幼児標準で)(無関係な傾向で)、そして、政治と社会的矛盾を批判することは独特です。さらにまた、行動を起こすことなくひどく結局自分で本当であるより私がそれであるために自分を装うつもりであるが、何でもちょうど「中央の2つの病気」の「徴候」として収束するために所有地に含まれます。


↓具体的な徴候


私は、西洋の音楽を聞き始めます。
私は、コーヒーを飲み始めます。
私が「人気があった前にから売ったバンドを知る」とき、私は興奮しているようになります。
私は、私がそれをするならば、私がそれをすることができると思います。
私は私が母のために怒ると言って、「プライバシーを尊重します」。
私はある程度社会的な研究をして、「米国は汚いです」とき、私が突然より歴史を知りに来ると言います。



何かとカオスですね(´・ω・)
2009.10.19 23:16 | URL | 零路 #4xzay3fs [edit]
毎回素晴らしい記事を書きやがって…
とりあえずお茶返してくれwww
2009.10.20 00:32 | URL | PTKS #K3xlPn4U [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://sorrow1days.blog93.fc2.com/tb.php/80-18b94353

今まで何人来たのだろうか

プロフィール

時

Author:時
・リンクフリー
・相互リンク受付中
・管理人=マイケル崇拝者
・是非上のバナーをリンクのお供にしてくだしあ

茶室入室状況

ついったー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

押せばブロともになれるっぽいお

笑っていいとも1/100

笑っていいとも!目指せ1/100的中芸能人速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。